スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクトレンズ業界の進化

ricoもかつてはコンタクトレンズを使ってました。

あの頃は眼鏡をしてる自分が嫌で嫌で、外見の劇的な変化を求めて、コンタクトレンズを購入に踏み切ったのでした。

しかし当時は商品の種類も在庫も非常に限られており、ricoの眼(極度の乱視)にあったコンタクトを売ってる店舗を探すだけでも一苦労でした。乱視用は入荷待ち、とか、在庫があっても着用可能期間が非常に短い商品だったりとかで、そのうち買い続けるのが面倒になって使用をやめました。

ところが最近のコンタクトレンズ業界、ものすごい充実していますね。

乱視用さえ入手困難だった時代に比べて、今やカラーコンタクトは当たり前。瞳を大きく見せるもの、瞳が潤んでいるように見えるもの、豹や虎のような見えるもの、シマウマ、ピエロ風と、物凄い物量作戦が展開されてますね。見ているだけでちょっとわくわくしてきます。

しかも安い。ricoがバナナばかり食べていた極貧時代(笑)に、それでも外見の変化を求めて無理して購入したワンデーアキュビューなんか、今では2千円ちょっとで買えるんですね。

まあ、このお店は特にコンタクト通販業界でも老舗らしく、ずば抜けて安値で販売中なのかも知れませんが、いずれにせよ昔からは隔世の感がありますね。瞳が潤んで見えるやつとか、また試してみたくなりました。


(応援をよろしくお願いします。)
blogranking_small

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。