スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶テレビの進化

話題のニュースはこちら

鍋の季節ですね!

テレビを見ていても、お料理番組で鍋とかカニとか、温かくておいしそうなお料理を見ることが多くなってきました。

Ricoはテレビをダイニングから見ることが多いのですが、部屋のレイアウトの関係上、テレビを横方向から見るような配置になっています。

ニュースとかドラマとかだとそれで全然問題ないのですが、映像そのものを楽しむようなグルメ番組とか旅行記ものとかだと、ちょっと不満を感じることがあります。映像が不鮮明だったり、色が全然違く見えたりして、カニのおいしそうさ夕陽の美しさも半分しか伝わりません。

液晶テレビだと仕方ないのかな‥‥とおもっていたのですが、こんなのを見つけました。


NECの液晶ディスプレイ「マルチシンク」です。

NECが開発したIPS技術により、横から見ても、前から見ても、美しい映像はそのまま!らしいです。液晶テレビでも、そんなことが可能なんですね。また、これも独自開発の「専用画像処理IC」のおかげで、色ムラが少なく、1つの画面をどこから見ても快適な映像を楽しむことができるそうです。

Ricoは文系なので、難しい技術のお話は全然分かりませんが、横から見ても正面と同じように見える、というのは魅力的です。

一度、電気屋さんに寄って、そのすごさを確かめてこようと思います。


(応援をよろしくお願いします。)
blogranking_smallにほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。