スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳家の夢

話題のニュースはこちら

Ricoを昔から知っている人はご存知でしょうが、英語 翻訳家が夢でした。

英語ができると、将来の可能性が広がるような気がして、勉強が全然苦にならなかったのをよく覚えています。そのせいか、学生時代から英語は得意科目でしたし。

通訳、という道もあるにはあるのですが、翻訳 英語よりも臨機応変に対応する力、人前で堂々と話す能力、あと何よりスピーキング能力が必要なので、ちょっと敷居が高く感じられて、その時には自分にできるようには思わなかったのを覚えています。

英語の勉強は今でもずっと続けていて、TOEICもちょっと自慢できるような点数が取れるようにはなったのですが、結局、翻訳家を目指した場合の、身分の不安定さに怖気づいて、道半ばにして諦めてしまいましたが、逃げないで勉強を続けていれば、違った世界に生きてたかもしれないなと、思います。

今でもそれなりに外国語や海外と接する仕事をしていて、勉強した事は決して無駄にはなっていないのですが、それでもやっぱり所詮はいわゆる総合職。

本当に語学力が必要となる場面に起用されるのは専門職たる通訳、翻訳家の皆さん。総合職は専門職の皆さんの、せいぜいお手伝い程度で、本当に面白い仕事は全部持ってかれてしまいます。

ま、その分、業務内容も収入もより高い安定度を享受しているわけですが‥‥知識の面での経験が、仕事で増える事はないわけです。

いつか経済的にもっと自由な身分になったら、その時は自分の趣味の世界の翻訳を楽しみたい、と思います。お金にならなくても良いのであれば、発表の場はそれこそ無数にあるのですから。


(応援をよろしくお願いします。)
blogranking_smallにほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。